スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シングルマン
2011 / 07 / 06 ( Wed )
シングルマン

1962年11月30日は、ジョージ(コリン・ファース)にとって特別な1日だった。8ヵ月前に、16年間共に暮らしたパートナーのジム(マシュー・グード)が交通事故死して以来、「愛する者がいない人生に意味はあるのか?」と問い続けた答えをついに出したジョージは、自ら命を絶つことを決意したのだ。大学で教鞭をとる彼はいつも通りに出勤し、授業を行ない、デスクを片づける。銀行の貸金庫の中身を整理し、新しい銃弾を購入し、準備を進めていく一方、この日の講義に触発された学生のケニー(ニコラス・ホルト)が学外で話したいと追いかけてくる。その後も隣家の幼い娘との会話、通りすがりの魅力的な青年との交流を通して、ささやかな生きる喜びを再発見するジョージだが、決意が揺らぐことはなかった。帰宅し、遺書や死装束まですべて整えて銃を手にするジョージ。その時電話のベルが鳴る。それはかつての恋人で今は親友のチャーリー(ジュリアン・ムーア)からだった

『シングルマン』をDVDで借りて観ました!

いや~。私はすっごい好きなタイプの映画ですぅ!ストーリーは淡々としてるのでダメな人はダメな映画でしょう。
『英国王のスピーチ』でアカデミー賞をとったコリン・ファースですが、私は英国王の演技も素晴らしかったけど、こっちのシングルマンの演技の方がもっと良かったです。
特に、電話を受けるシーン....。あれ、名シーンだと思う。

あと、コリンさん、ものすごいハンサムっていうわけでもないのに、人をすぐに惹きつける役をやらせたら右に出るものはいませんね。この役も色んな方たちが彼にすぐに惹き付けられるんですけど、表情やしぐさが絶妙でとっても魅力的な俳優さんだと思います。

監督が、グッチなどのデザイナーのトム・フォードの監督作品ということで、とてもオシャレです。
主人公が住んでる家とか、ものすご~く素敵な家だし(ホント、ああいう家に住みたいと思った!)
着ているスーツや、学生の60Sのファッションや、メイクもすっごいオシャレ!!
映像も粗い感じなのもオシャレでした。

そして出てくる数々のイケメンたち!!!
コリンさんの彼氏のマシュー・グートは私の大好きなウディアレンの映画『マッチポイント』のスカ子の彼氏役だった方で、ハンサム。ジョージ(コリン)が本気で愛するのも分かる美しさ。
そして、ジョージとの未来の関係?がどうなるか?学生の美少年のニコラス・ホルトはなんと!あの『アバウトアボーイ』の男の子だったなんて!DVD特典をみて初めて知った私!美しく成長しててびっくりしました。

シングルマン2

この子ね。あと、スペインから来たあの男の子もかっこよかったね~(トム・フォードブランド専属のモデルさんだって!)


美しいイケメンがた~~くさん出てくるので、目の保養になり楽しかった....(ゲイムービー大好きだし)ってのもありますけど、

お話もとっても切ないかったです。

特に好きはシーンは、ジョージがチャーリー(ジュリアンムーア)のおうちに行くシーンはとても切なかったです。
2人共、生活は豊かだけど、精神的にはとっても孤独で..いっそ2人が一緒にいれれば幸せになれるのかもという期待があるのに、上手くいかない...。
せつなくて、大人の関係って難しい...。特に相手がゲイだったらなおさらどうしようもない...。

ジョージが家に来る!っていうんで60S風のオサレをするジュリアン・ムーアがすごく素敵で、
きっと何かを期待してワクワクしたんだろうけど.......私まで悲しい気持ちになってしまった!

ラストもと~っても切ないです。

自ら愛するものを失い、命を絶つと決めた男の人生の1日を描いた作品です。
気になる方はDVD借りて観る価値ありです!


オススメ!!!!!!

美男子好きにもオススメ!!!!(笑)



21 : 02 : 01 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<REBECCA TAYLORのピンクのお財布 | ホーム | 赤ずきん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://malibuandbaileys.blog85.fc2.com/tb.php/316-359d860b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。